更新2014/8/28

BGD馬券道  

馬券勝利への道を追及するコーナーです。


まずは3連単で勝利する方法を考えます。

当方の勝手な馬券理論ですのでご参考だけにしてください。

3連単の平均配当 おおよそです
2010年 162622円
2011年 137446円
2012年 173742円 6月まで

少なく見ても13万円と言えますね。
と言うことは100%当てられると1300点買えると言うことですね。
逆に言うと1300点買いしたら本命も中穴も大大穴も全ての馬券、全レースを取らないと赤字に成ります。
そして一日中本命が続く日も有り、当たり損の日が何日も続いたりしても大量の資金で持ち堪えなければ
この購入作戦は失敗します。果たして1300点購入して外れることは無いかと言うと競馬はそんな甘いもんじゃ有りません。
18*17*16=4896通りですから1300/4896=0.26、残りの74%の中に飛び込んでくる馬券は必ず有りますよね。
こんな危険な投資は100%失敗します。もう少し投資金額を減らした場合について考えます。

簡単に考えると的中率が50%なら650点、10%なら130点、5%なら65点買えることに成ります。
逆に言うとあなたは65点買いで5%の予想が出来ますか、つまり平均配当13万円の領域で20回に1回的中出来ますかと言うことに成ります?
これが出来れば年間トータルプラスを達成できます。
ここで注意しておきますが、オッズ上位順の予想をしたらこの買目点数は論外です。


オッズ順位以外で予想しある一定の絞り条件で上位65点を購入してその平均配当が13万以上あれば20回に1回の的中で儲ける事が出来ます。
言うのは簡単ですがこんな絞り条件が有るかどうかも分かりませんし、探し出すテクニックも難しいものですよね。

 一般的に当てよう当てようとすると本命サイドになり平均配当がガクンと下がります。
殆どの馬券ファンは1レース当たりの投資金額は小額です。
3連単で1レースの投資金額は推測ですが2000〜5000円位の方が多いのでは無いでしょうか?馬券を当てようとする大多数が本命を買うのでどうしても本命サイド馬券の方に票が集まり加速度的に配当が下がります。
その結果本命サイド馬券の期待値はどんどん下がり50%以下になることも頻繁になります。
この領域で馬券を取っても全然儲かりません。

<本命サイド馬券>
3連単をオッズ上位5頭ボックス買いした場合の的中率、回収率
2011年 検証レース数 3026R
的中レース数 1090R
的中レース合計金額 14488310円
投資金額 3026R×60点=18156000円
的中率   1090/3026×100=36%
回収率   14488310/18156000×100=79%
平均配当  14488310/1090=13292円

3連単をBGD上位5頭ボックス買いした場合の的中率、回収率
2011年 検証レース数 3026R
的中レース数 688R
的中レース合計金額 17524020円
投資金額 3026R×60点=18156000円
的中率   688/3026×100=23%
回収率   17524020/18156000×100=97%
平均配当  17524020/688=25471円

この結果直ぐに解ることは3連単で上位馬ボックス買いをしても儲からないと言うことです。
購入するならBGDの上位馬にした方が97%もあり、プラスにする可能性が高いと言えるでしょう。
その買目に絞りを加味するとプラス決算に持って行けると推測出来ます。
 ここで注意しなければならないのはこの馬券の中には百万、数十万馬券の高配当が存在するためこのような回収率に成るという事です。それは数百レースに一回の、稀に百万馬券は1年に一回の偶発馬券です。
それが毎年発生するとは限りません。
その他ほとんどの的中馬券は僅かにプラス、取って元、マイナス馬券です。これが実態です。
 このような競馬参戦状態では開始早々ほとんど大幅マイナスで進行します。
継続中、偶然高配当に出会えばプラス決算に成るかもしれませんが、今年は出会わないかもしれません。
つまり、3連単回収率が年間100%以上では駄目です。少なくとも月間100%以上、年間100%以上である必要が有ります。
3連単でのレースを絞ったり、買目を絞ったりしての利益は可能でしょうが、継続本命馬券は買えない馬券です。


 ところで、適正買目点数を検討すると、資金に余裕のある方または幅広く購入する方は購入点数が増えて本命サイドから少し外れた領域を購入する機会が増えます。
この本命サイドから少し外れる領域は的中度がある程度高い領域で配当が結構美味しい馬券を取れることが多くなるんです。これはオッズが本命にサイドかぶりすぎる結果です。
 今回この穴馬の一発が有るかも知れないムードの時、有力馬を抑えると手が回らない場合、その穴馬も絡めた馬券を購入できるくらいの資金力と思い切りとが必要に成ります。そのときは2着3着は本命サイドの馬をカットして他の可能性のある人気うす馬を絡めるとかの機転も必要になると思います。その時に思いがけない高配当に有り付けるかもしれません。
穴馬が1着に来たとしても指定した2着3着馬が本命サイドの馬だったら2万円くらいの馬券しか取れないことが多く、2着3着馬も人気うすの方が良いと思います。
このような買い方をすると購入点数も増えますが絶対当てるぞと言うような意気込みで十分に吟味検討して可能性のある人気うす馬を抑えながら購入点数を絞る操作が必要になると思います。このような予想をするとおそらく1レース当たり60点〜100点くらいの予想になると思います。このレースは絶対当たりそうだ当てるぞと意気込んで参戦しても1頭別馬が来て当たらないことがほとんどですが・・・・。
なかなか矛盾が有り難しいですね。
一定の回収率が見込める予想でも継続的に1万円を投資し続けるには少なくとも100万円以上の資金力が必要です。
 継続的に3000円前後くらいでこのちょっと穴領域を買うと回収率はトータルプラスに持って行けるかも知れませんが、当たるまでの期間が長いので反って多くの資金力が必要になり達成することは難しいでしょう。
ここで一定の回収率の買い方、これは本当にそうなのかと疑うことが必要です。1年間の検証でその結論は正しいのと疑うことが必要です。昨年度プラスの買い方は今年もプラスに成るとは限らないのです。当方も昨年度プラスの買い方を実践してそのようにならず大損した事もあります。6つの目しかないサイコロで1000回振ったら確率は1/6に収束します。しかし、4896通り有る買い目を年間3600レースを検証して儲かる方法を見出すことはサイコロを1回振って出た目が今後も出やすいと言うのと近いものが有るのです。
つまり、3連単の儲かる方法を見つけ出すのは100年間くらいの検証をしなければ信用できないことなのです。
そして、仮に3連単必勝法が見つけられて100年間のスパンでトータルプラスを実現出来たとしても始めた最初の年がマイナスの波期間であったらそれで人生は終わりです。それを1か月しか持たない資金で実践したら次の月で当たり出してもそれで終わりです。
資金力が無い場合は的中確率を上げなければ実行出来ません。大損をしたくなければ、的中率の高い買目点数の多い馬券購入をして即座に結果を出し、不発なら即やめることが賢明な方法と思います。
資金力がない人ほど最初に大量馬券購入をした方がケガが少なく済むと考えられます。
3連単、的中率66.6%以上で配当150%以上の大量購入馬券レースが有ったら買いです。
3連単傾向は非常に波が荒いことを常に心得ておくことが大事です。

しかし、単勝などは別です。18頭しかいないので3600レースもすれば傾向は捕まえられるでしょう。
現実的に単勝1番人気の回収率は70%成っています。
 理想的には常に損しないような状態で参戦し、高配当馬券に遭遇した時に儲けることでしょう。
今日も勝とう、明日も勝とうは無理な希望です。
今日もトントン、明日もトントンで同じような予想を継続することが大事なのです。
つまり、競馬をいかに長く継続できるかが問われるギャンブルです。
現在当ホームページの単勝4点買いシミュレーションコーナーは信頼できるかもしれません。
昨年度実績プラスですから・・・・。
この単勝はランク上位馬の中に可能性ある穴馬を潜り込ませる論理で時々高配当を得るようにしています。
年末までしてどうなるかは半信半疑です、競馬ですから・・・・。


一方資金力が無い諦めの境地からの買い方を考察すると
継続的購入が無理なら1か月の小遣い範囲内でそれを何等分化して、自分の自信の有るレースだけにお金を捨てたつもりで、自由な自分の考えと予想で3連単予想を少額(2400円位)で買い続けると良いことが有ると思います。

サラリーマンとしては極力点数を絞って外れることを前提にして1200円〜最大3200円くらいまでの投資が良い様に思います。人それぞれ財布の中と相談して買うしかないと思いますが一応結論としてこのように書いておきます。


ここで念を押しておきますが、単勝オッズ順、つまり人気順上位馬券を購入しても絶対に高配当馬券には有り付けないのは当たり前です。いくら継続しても有り得ません。
BGDではBGD順上位馬の組み合わせで高配当馬券は有り得ます。実力馬でありながら人気の盲点になる馬を多く存在しているからです。
ちょっと手前味噌の話になってテンションを下げて申し訳ありません。

とにかく、馬券控除率25%の現実から考えて馬券で利益を揚げるには3連単馬券で勝利するしかないことを皆さんもご推察できることでしょう。
儲ける競馬するなら3連単でしょうね。






2012年度の競馬場別一番人気馬の勝率リストしてみました。

2012年
競馬場 一番人気の勝率
札幌 0.361842105
函館 0.371212121
福島 0.263157895
新潟 0.260869565
東京 0.32464455
中山 0.317307692
中京 0.279352227
京都 0.302895323
阪神 0.343457944
小倉 0.323529412

札幌函館が案外高く、直線の長いと思われがちな新潟中京が低くなっています。
直線の長い東京と阪神が勝率が高いことに注意しておきましょう。
ご参考にして下さい。




未勝利戦について
経験レース数の少ない新馬・未勝利戦では1〜3番人気の勝率・連対率が非常に高く、人気馬を外した馬券では儲けることは難しくなります。
穴狙いとしては人気3頭馬券の中に1頭穴馬を組み合わせた馬券の買い方が適正と思います。
3連単2頭軸が有効と思います。

比較的経験レース数の多い未勝利戦ではレース数の少ない未勝利戦より1〜3番人気が2頭絡む確率が減少します。
比較的3連単1頭軸が良いと思います。(勝てない馬の未勝利戦)


単勝馬券について
1.6倍以下の単勝は絶対買うべきではないと思います。
案外来ないことが多く絶対儲かりません。当たっても次は来ません。

複勝馬券について
複勝1.6倍以上付き本当に信用できるデータが揃っている場合と期待できる穴馬を見つけた場合に購入する馬券です。
案外、そのような馬を見つけたとき1番人気馬が1倍台のダントツ人気の場合、ワイド馬券に走りがちです。
しかし、その馬は3着以内に来ても1人気が抜けることが多々有ります。欲を出さないで複勝で我慢しましょう。

馬連について
軸馬を絞れて確実に選択した馬たちがいずれか2着に来ると絞れた場合に買える馬券です。
軸馬が絞れるけれど相手馬が絞れない場合は総流し馬券が有効です。
馬連総流し馬券はその軸馬が連対した時確実に当たる馬券です。この場合安めが連対してもプラスになるように馬券配分が必要です。
この場合のメリットとしては軸馬の単勝は危ないし、複勝は配当が少な過ぎると言うときに相手に人気馬が来ても少し利益が上がり穴馬が来たときは比較的良い利益が出ます。

馬単
馬単買うなら3連単買う

ワイド
2頭に絞れるとき馬連の抑えで買う馬券

3連複
資金のない時、2頭軸に絞れる場合3頭目に全馬選択する馬券

3連単
当たらないことを前提に買う馬券
または、馬券トータルプラスを狙って大量購入する馬券





競馬の基本2014/5/20

競馬参戦して自分の予想を楽しむことが大事。
ときどき大当たりをとるような馬券購入をする。
購入点数を減らして少額投資。
一着を当てられなければどんな馬券も取れない。でも2着・3着には来るよはダメ
単勝1人気馬の単率は32%、連対率は50%、複勝率は63%。
単複馬券を取れないようならどの馬券を買っても取れない。
1着はこれもあるあれも有るでは馬券購入の意味が薄れる。競馬はギャンブル。
負けるときは1頭で負ける。何頭も買ったら全通り買うのと同じ。潔く散って、次で甦る。負けの美学。
予想は自分の主張、意見である。自分の主張が通れば配当を授与される。

新馬・未勝利戦は1・2・3人気のうち2頭が3着以内に絡む確率が66%も有る。
競馬場は楕円形であるので外からうちの馬を見ながら被せて行ける外枠が有利で出現率が高い。
東京、阪神は1人気馬の単勝率が高い。
条件戦、1人気馬も勝ちたくない時が有るその時は大抵出遅れる。騎手の人格に注意。武豊は立派。四位・横典は?
穴馬と予想している側ほど、騎手が馬の能力を理解していない場合が多い。予想の空回り。



2014/5/26

競馬狂の大事なこと

オークス3連単12800円取りました。

ダントツ人気のハープスターの本命を外せない中、ハープスター頭の馬券でヌーヴォデコルトが絶好調の様子なので2着固定3着総流し3連単馬券を購入、しかし、今の高速馬場先行できる絶好調のヌーボ、最後方一気の未知長距離で全幅の信頼置けないハープ、そこで機転を利かしてヌーボ頭、ハープ2、3着の相手有力数頭に流して抑えときました。
結果は抑えが的中して何とかプラス投資金額の3倍くらいのプラス決算に成りました。
たまに機転を利かして軸が固い場合でも3連単の場合は2、3着に落ちたときの抑えは必要ですね。

ところがこの機転は馬連、馬単の場合は取って元やマイナスのトリガミまたは僅かなプラスに成ってしまいます。
単勝人気馬の的中率が32%位しかないことを考えると当たった時には元金の3倍以上の回収が無ければやればやるだけ損し続けることを気付かなければなりません。
馬券凡人はこれも有るあれも有ると買い目点数を増やして馬券をとっても元取りから2倍くらいの回収で競馬をしています。
3回に一度しか当たらないのに2倍の回収を求めて投資していては最終敗北します。
的中率50%の予想を出来るなら2倍の回収率で良いのはご理解出来ると思います。
以下10%の的中率予想なら10倍の回収領域馬券・・・・・・・・・・。
 つまり、競馬好きがトータルプラスを狙うなら、自分の予想の的中率を把握しながらどれが来ても1/的中率以上の回収率を見込める馬券を買わなくてはならないと言うことです。上記のことは競馬狂には大変大事なことです。
BGDにはその機能が備わっていることにお気づきですか?
馬券長者を産み出すことが出来る無料ソフトです。

今一度自分の的中率は何パーセントかを問い直してみてください。


 小生は勝負に行って負けることが多く、「勝負しなければプラスなのに失敗した」といつも後悔しています。
しかしながら、勝負しなければ競馬は儲かりません。
逆に考えると勝負しないためには参加する全てのレースで勝負をすればそのような失敗は無くなります。
参加する時はいつも勝負です。
ちょこちょこ馬券を買うのは止しにして、正しく馬券を買えるときに買うのが良いでしょう

例えばその予想が自分の信念に基づいて的中率10%だが的中時は10倍以上の買い方を続けなければなりません。
外れた時は涼しい顔で負けを飲み込む。
「当たった時は10倍返し」と理解して競馬参戦出来るかが勝ち組と負け組の分かれ道です。
全て己の精神力の問題です。
ここで注意しておきますが、的中率の意味を簡単に考えてはいけません。
スパンが大事なのです。その的中率が1年間、半年間で、3か月間で1か月間ですべてスパンで一定でなくては恐ろしくて安心して構えて参戦は出来ません。そのことも認識すべきです。

それを達成した人があの1億4千万儲けた会社員の方ですね。
言うなれば我々競馬狂の夢を達成したヒーローなんですがおかしい税制のために申告出来なかったのは理解できます。
利益でなく全払い戻しトータルに課税される解釈では確定申告出来ませんよね。
現在、またもや同様な裁判が札幌の公務員相手に行われています。前例判決が出ているのにしつこいですね。
4億も儲けていたら投資と考えてやっているに決まっているじゃないですか。
一時所得ではなくて雑所得扱いになると判例で言われています。

 皆さんもこのような面倒なことにならないように大量の利益を上げた場合は税務署に申告しましょうね。
そうしとけば、裁判に成っても脱税容疑は付きませんからね。

 ちょっと脱線してしまいました。(^^♪

 


6/3
ダービー、ワンアンドオンリー1着指定の3連単は買っていませんでした。
トラックマンが多数押していましたね。
押さえておくべきでした。オークスでは機転が利いたのに思い込みが強すぎました。競馬とはこんなものですね。(^^♪


6/18
最近、つくづく思うのですが、一日で資金を2倍にするのは難しいなと思います。
小生はほとんど毎日朝から3競馬場殆ど全レース購入しています。
これが間違いのもとですね。
この状態で資金を2倍とは難しいとは思いますでしょ(^O^)
解っちゃいるけど止められません。
毎日確実に2倍に出来るなら今頃馬券納税者に成っているでしょう。
データもしっかりして信頼できる馬が参加しているレース、穴馬として魅力のあるデータが存在するレースなどを基本条件に絞るべきでしょうね。
勝とうと思うならレースを絞って勝負することですね。

 あと、資金力と目標額について
元金10万円で1万円儲けることと、1万円で1万円儲けることの難しさを考えるべきでしょう。
元金10万円の時、単勝2.5倍に1万円賭けることは簡単に出来ます。
しかし、元金1万円で1万円賭けることは決死の覚悟が要ります。
小生は競馬好きなので1日1レースなどでは我慢できません。
前者的競馬参戦をしています。
競馬は当たったり外れたり繰り返しです。10万円を20万円にすることは本当に難しいです。
勝には資金力が有るときは1万でも2万でも儲けられたら良いと思うことです。決して2倍にしようなどと思わないことです。
毎日1万円の儲けで年間100万円に成ります。
口座に資金力が有っても押したり引いたりメリハリを付けて1万円の利益を確保する競馬参戦を心賭けるべきと思います。
オッズマスターグランプリのランキング上位者などは3連単高配当獲得者が多数おりますが、偶然性による上位者で占められていると思います。
 確勝をきして確実に勝つ。これが大事と思います。
勝って余裕が出来たら穴馬券も狙うことが出来るようになります。
あの1億4千万儲けた会社員も29億使って1億4千万しか儲けていませんからね。回収率4.8%です。

先週、6/15函館9R
ダントツ1人気3ミッキースマホ岩田-2人気8マイネルハルカゼの馬連3-8\270円を2万円買いました。
これで、3万4千円の儲けです。がほとんど全レースやっているので儲けは押して知るべしです。

ここで馬券購入間違いの失敗レースの阪神10R
5アメージングタクト、1メイショウロフウ、8エイシンゴージャス以外何もないと言うレース。
馬連1-5に1万、5-8に4000円と買ったはずが
馬連5-8に4000円が、1-5に4000円と成っていたドジマヌケでした。
皆さん、馬券を購入する時は十分確認してクリックしましょう(^^;



失敗レース、結果5-8

押さえに5-8のはずが1-5と成っていたアホでした


小生はこんなドジを何回もしています。
年間何千レースもしていると何回か有りますよね(^^;

皆さんもくれぐれも気お付けてくださいませ。

ついでに6/15阪神2R2人気北村友一発走直後落馬
ダントツの1、2番人気でガチガチの鉄板レースの様相。
なんか八百長臭い匂いがします。
皆さんはどう思います。
このような発走直後落馬、昔は良くありました。最近は滅多に有りません。
最近は人気馬の出遅れに代わっている気がします。
逃げ・先行馬が出遅れては終わっていますよね。

小生は何回も痛い目に遇っているのでトラウマに成ってるのかも知れません。(^^;


6/29阪神12R人気順Gエイシンライアン2.4倍福永、Cブロードソード3.6倍岩田Bコスタアレグロ5.4倍ウィリアムと言うレースについて
エイシンライアンは強いかもしれないが500万条件で常に1,2着の成績、
ブロードソード、コスタアレグロは1000万条件で常に1、2着の常連の逃げ馬、
どう見てもブロードソードは2着は外さないと思える。
過去ブロードソードに岩田が乗った場合は2度程逃げて1、2着の成績、コスタアレグロにしても逃げタイプの馬、
ダート1400m戦、重で高速馬場に成っており上位馬が前に行ったら止まらない馬場状態。
重にしてはスローペースなのにコスタアレグロも好スタートで前に行きたがるのをウィリアムが立ち上がるほど強引にタズナを引っ張っりまた、岩田は最初から4コーナーまで馬を立ち上がるほど強引にタズナを引っ張っているのである。
逃げ馬で高速馬場なのにこれは勝たないようにしているとしか思えない。
皆さんどう思いますか?
皆さん一度レーシングビュアーでウィリアム、岩田の騎乗ぶりを見てください。


7/16
騎手の腕
基本的に騎手はファンが理解しているほどその馬のことを理解していない。
この馬はいつも先行しているからそして今回は先行馬が少ないからいつも通り先行して欲しいと思ってもレースではスローペースで中断より後方差し位置とか最後方からなどの位置取りで届かずに終わったりします。
融通の利かない騎手はペース判断が出来ません。
前回も7、8番手で言ったから今回も同じ位置でとか、
前回、先行して伸びなかったからスローペースなのに今回は少し後方から行こうとか、
対戦メンバー比較とか、ペース判断、馬の実力とか勝手な理解と判断で予想サイドの意向とは別のレースします。
今回は逃げてみる、3コーナー捲りをしてみるのは積極的で予想サイドとしては納得できます。
そのように騎手がそのレースの対戦レベル、ペース、その馬の能力、馬場状態を理解してレースをしているとは信じない方が良いです。
 優れた騎手は馬の能力を理解していなくても馬の自然体の走りで適当なポジションを確保し、馬の余裕、ペース判断をして馬を上位位置に挙げて追い出して行き、馬の能力を出し切ります。
下手な若手騎手は追いきれませんし、すべての判断能力に欠けています。
現在の松若楓馬は別格です。
 そしてまた、乗っている騎手がこのレースでは本当に勝ちたいと思っているかどうかは疑問です。
こちらが期待しているのになかには運よく入着できれば良いし、3着に来れたらラッキーかなと思って回ってくる騎手もいると思います。
ファンサイドとしては馬の能力を把握して勝つためのレース、思い切りの良いレース、機転の利いたレースをして貰いたいものです。
そうならないのが現実です。

 レース展開
競馬の基本形は逃げ切り、先行抜け出しです。
レース展開のスローペース、アクシデント、不利などの悪影響を受け難いからです。
得てして穴を空けるのも逃げ、先行馬です。
スタートダッシュ良く先行ポジションを確保出来るのも能力の一つで
長い間先行していてあるレースで突然押さえて差し位置から捲って勝ち切るとかは良くあることです。
他の馬が行けない時に前に行けると言うことは一つの身体能力なのです。
先行してバテても前に行ける足が有るということは能力の一角です。
いずれ開花するかもしれません。
後ろから行って最後まで後ろの馬はダメです。



 8/5記 騎手について
またまた、疑問のレース8/3新潟9R芝2000m浦佐特別、2番人気ナイフリッジ号のY騎手の騎乗ぶりに疑問、断然の1人気Cエスオンマイチェス1.4倍、2番人気Hナイフリッジ4.2倍で上りの足もメンバー中随一のものを持っていてデータ的にもCの相手はHでしょうと誰もが思うところ、スタート直後馬は行きたがっているのに無理やり押さえて最後方の2000mのスローペースのところ輪をかけて競馬をするなと言わんばかりの最後方の競馬、前半800m50秒くらいのゆったりスローペース、前回は同騎手が乗って先行して積極的なレースをしているのにレース中ただ押さえるばかり、「アホかぁ」スローペースで前が楽に競馬しているのにいつもの足を使っても前がバテなきゃ追いつく訳ないのをベテラン騎手の彼は判って追っているはずです。4コーナーに来て遅れ気味に追ってゴール前は一生懸命走らせて5馬身以内の結果9頭中7着。

 この馬は前回もY騎手が乗って先行して2着に成っている馬で普通に乗っていれば技量の高いY騎手では1、2、3着の入着は簡単なことだったと思われる能力の馬なんです。
良く有ることなんですが2頭抜けた実力馬がいるときにY騎手・S騎手が乗ると消えることが案外多いです。
1頭が消えるともう1頭の勝ちが確実に成るわけです。消えるために乗る騎手と言うイメージがすごく強いです。
本当なのと思われる方はこのレースをレーシングビュアーでご確認ください。
他の馬が我先にとスローペースで先行する中走るなと押さえて最後方、先行できる馬が納得できません。
これが2番人気に支持された馬の乗り方でしょうか?
馬に走るな走るなと乗っているようです。私にはそう見えます。
レースを読めない騎乗技術の低い騎手なら買った私が馬鹿なのねと納得できますがね。
 まあ、このようなことも多々有ることで競馬の一つかも知れません。

馬券勝負を賭けるときはまじめな信頼置ける騎手、不真面目な信用できない面が有る騎手などの要素も検討する必要が有ります。
不真面目な騎手でも勝ちに来ているときは素晴らしい技量を発揮しますのでその辺の判断は難しいものが有ります。
皆さんのご意見は如何なものでしょうか?

新人の松若楓馬騎手は何の迷いもなく買えます。その他、武豊、三浦皇成、外人騎手・・・・OK。
その他の新人騎手はそのような余計な心配はいらないですが技量と判断力が不安定かな。
馬券検討に馬の実力査定の他に不真面目騎手検討をしなければならないとは競馬は難しすぎますね(^O^)

 たわごとですので軽く読み飛ばしてください。(^O^)


8/8続き
各レースにおいて、上位騎手1〜3位までの騎手は人気が無い場合でも未知の可能性のある馬に乗ったときは常に注意が必要です。
能力未知の馬とは芝またはダートを一度も走ったことが無い、短いまたは長い距離を一度も走ったことが無い、良馬場、不良馬場を一度も走ったことが無い、下手な見習い騎手しか乗ったことが無い、出遅れたり、不利が有ったりトラブルが有ってまともに走ったことが無いなどの馬です。たまにベテラン騎手なのに人気薄で穴が取れます。

 購入馬券種について
3連単は難しいことはさておいて
儲ける可能性が高いのは既知のことです。的中率を上げるにはどうしても資金力が要ります。
失敗した時の損失が大きいのでこの馬券は他馬券で利益を上げた時に手を出すべきと思います。

 1頭抜けていて、相手もかなり強く間違えば勝てるなどの馬がいた場合は3連複2頭軸が良いと思います。
ワイドも良いですね。この場合は複勝は低すぎて買えません。
ところが1頭抜けていて相手2、3頭の馬連も買えます。しかし相手が多い場合は買えません。
相手1頭で馬連を買えればベストで、軸、相手2、3着と言うこともありワイドにするても有りますがワイドで2倍くらいは付かないとやっぱり馬連1点勝負なのかと思います。

 買いたい馬が2頭いるときは3連複、ワイドに走りがちですが、得てしてこの場合はどちらかがずっこけます。
2頭のうちどちらか1頭に絞って馬連を相手多めの数頭に流した方が経験上良い結果になる気がします。
確率的に3連複より馬連の方が当たりやすいのは当たり前ですが2頭、軸がいると3連複の方が間違いないと勘違いしそうです。
現実競馬甘くはないので馬連をお勧めしますが、購入時はどちらが儲かるか馬連、3連複の吟味も必要です。
競馬をするには馬連が基本に思います。
それで儲かってきたら3連複、そして3連単に向かう。
馬単が出ていませんが馬単買うなら単勝か3連単の方が良いと思います。
 私の最近の馬券種に関する競馬に参加したら必ず勝つ為の思いです。
ご参考に・・・(^O^)


8/9記 昨日書いたばかりなのに
 本日の札幌11R 1人気MレッドセインツでS騎手発走直後落馬。
皆さんどう思います?
レーシングビュアーでご確認ください。


8/28
 最近、BGDの基本予想アルゴリズムに有るファクターを重要視して改良した新アルゴリズムの予想が良い結果を出しています。
現在シミュレーション馬券で公開していますが、気に成る方はたまに予想コーナーをチェックしてください。
前日予想でアップしています。気まぐれなので大抵は22時以降のアップが多いですが当日の朝には殆ど必ずアップされています。
この予想は正統派予想でたまに期待値の高い馬券が的中する感じです。
このソフトは一般公開してません。まずは自分で儲かるか検証中です。

ソフトは時期的なファクターで回収率の良い時も有るので半年位の検証期間は必要でしょうね。
当ソフトも多くのバージョンを出していますが、その時期に良い回収率のバージョンを使い分けるのも良いでしょうね。
回収率が悪くなったら他の優秀なソフトを使うとか(´・ω・`)
当ソフトは夏競馬は案外好成績を残しているような気がします。


2015/3/10
毎日競馬予想をしていてタイム、着順など能力の高い馬が人気に成るのは判りますが、
突然、なんでこんな馬が人気に成るのと思うことが有ります。
最近その大部分の原因は調教に有ると言うことを実感しています。
レース出走馬毎の調教で一番時計を出している馬はかなりの確率で上位に食い込んでいます。
殆どのレースで穴人気に成っているときは調教を確認しましょう。
坂路調教の場合はVANのデータが有るのでわかりますがその他の場所での調教は新聞位でしか確認できません。
一般的に穴人気に成った時は調教が良かったんだなと解釈しましょう。後は能力が有る馬かどうかでしょう。
実際に調教で何本も好タイムを出している馬はレースでは果敢に先行策を取ったり、追い込んで来るときも力強い勢いを持って伸びてきます。
後ろから少し伸びて終わってしまう馬とは違うと思います。
しっかり調教された馬には注意しましょう。

 今年は戸崎騎手が活躍しそうです。ほとんどのレースで勝てるポジショニングが出来ています。
騎手の能力と言うのは大事ですね。
岩田騎手は最近不調のようです。なんか追込み一辺倒なレースが目立っています。
積極性が今の時期欠けているようです。
一般的な騎手について思うことですが
いつも馬なりで中段以降にポジショニングしてその位置で勝てるの?とか思ったりします。4コーナーを回って先頭はかなり前でレースは決定していて後からついていくだけの馬をよく見かけます。勝てそうにない馬が一か八か果敢に先行策を取って一生懸命駆けるは納得できますが
成績上位の馬でもスローペースなんだからもっと積極的にレースをして欲しいと思ったりします。
その辺の騎手のやる気なさが見えたりするのは嫌ですね。
騎手もいつもいつも良い騎乗が出来るとは限りません。
人気に成り勝てそうなとき一生懸命虎視眈々積極的にレースをしているのが判ります。
そうして仕掛けが早すぎたりゴール前差されたりは一生懸命やった結果の競馬ですので納得できます。
騎手もやる気なく手を抜いてただ回ってくるだけはがっかりしますね。
つまりは騎手の最近成績を確認してやる気のある成績かどうか見ておかなくては成りません。
先週の成績、先々週の成績、昨日の成績、本日の成績をBigdreamProで確認できます。
後日公開したいと思っています。






続く