-----------競馬談義----------




これはかなり古い記事です。
暇つぶしに読んでください。
半分はお笑いかもしれませ
んが・・・(*^_^*)     
追伸を最後に付けました

競馬で儲けるには!
ギャンブラー’s 理論!

序論

 小生、競馬歴40年〜になる超ベテランです。これほど長く競馬をやっていて年間収支をプラスにした年は一度も有りません。やれば、やるだけ損をするのが現状です。一時的には、儲かっていい思いをすることも有ります。しかし、次の週には儲けた分を利息をつけて JRAにちゃんと返しています。あんまり自慢になりませんね(^_^;)   

 それでも、小生がここまでしつこく競馬をしている第一の理由は、サラリーマン人生がつまらなく退屈で、燃えるものが無いからかもしれません。何か、夢か、広がる希望に満ちた人生にしたいという誰もが思う思いからのような気がしています。やりがいの有る仕事につけた人は競馬なんかしない方が良いに決まったことです。したとしても単なる娯楽ゲームの領域でのことです。人生とは、世の中の人のため、貧しい人々のため、社会貢献のため、世界人類の進歩のため、地球上の生物のため、自分が少しでも、いや、本当は出来る限りの貢献をすることが人間にとってはふさわしい生き方なのかも知れません。しかし、ギャンブルは全然、社会貢献をしません。物を作り出すことも、世の中の人のためになることも有りません。反って、有害なものでしょう。勝つ者が居れば、必ず負ける者が居ます。株も同じです。話はそれますが・・・。 それなのに株価が下がったからと言って国が介入するのは間違いでしょ。銀行への公的資金の導入も大反対です。銀行も、預金者もそれなりのリスクを背負うべきだと思います。そうしないと銀行の怠慢経営は改善されません。信用のない銀行は消滅するのが資本主義、民主主義の当然の理論です。そうなると預金者の獲得のため銀行は企業努力を他銀行と競走して行うようになり健全経営になるというものです。我々競馬ファンは全て自分の責任で馬券を購入しています。損をしたからと言って公的資金の導入など有りません。全て、自己責任です。甘えなど許されません。銀行預金者も少なからずの利息と便利さの恩恵を受けているのですから、適正なリスクを背負い、信頼性の有る銀行を選び、そのリスクを避けるための自己資金を運用することは必要だと思います。我々貧乏人は銀行がつぶれようと、ペイオフされようと全然影響されません。我々の支払ったみんなの税金を一部の銀行に導入するなんてことはその銀行の無くなった自己資金を銀行の金庫へ、ただ復活さすだけで何のメリットも有りません。いくら導入しても世の中にお金が出てきません。今、不景気なのはそんなとこにも原因があるのかもしれません。
公的資金の導入は、銀行家、大蔵省、銀行族、族議員の陰謀です。どうしても導入したいのならば国民投票によって決定するべきです。それが民主主義というものです。

 話の方向がずれてしまいました。『勝つものが居れば、必ず負けるものが居ます。株も同じです。』というところから話がずれましたので戻します。競馬の場合は勝つのは国とJRAです。負けるのはギャンブラーです。根本的に、競馬は弱い人から大切なお金を巻き上げて、勝った者がいい思いをするという摂理が有る以上、競馬は悪です。そして、家族奉仕もおろそかにし、家庭の潤えるお金を無駄使いし、身近の人に迷惑をかけています。それでも、小生は何十年も競馬人生を送っています。いままでの競馬に向けた努力を何か他の有意義なことに向けていたら、もっといい人生を送っていたかもしれません。何度も、もう競馬は止めようと思ったことが有ります。しかし、それは初期の頃のことです。?十年もたったら自分はもう足を洗えないなと思うようになっていました。一度やめたことがありましたが1ヶ月位で復帰してしまいました。他にすることが無いわけでは有りません。小生の趣味は普通の人より、多いと思います。一つは軟式野球です。現在は公式ソフトボール連盟に入っていて、休日に大会に出場します。ポジションは迷センターです。センターは守備の要です。足腰、肩が強くなければ務まりません。今年もユニホームを新ちょうし、納会のときはチームメンバーと温泉でドンチャン騒ぎをします。また、磯釣りが大好きです。暇があったら海岸に行って遠投します。25号の錘を120メータ位投げます。パチンコもケッコウやりました。しかし、競馬で土日がびっしりつぶれて時間が勿体無いのでほとんど現在は、やっていません。200倍の馬券を4000円買う人が小さい勝負なんかやってられませんてな感じです。また、マイクロコンピュータが流行った初期の頃は自作のマイクロチップコンピュータも作リました。現在は、自作のAT互換機を使用しています。そして、ビジュアルベーシックで「ビッグドリーム」を製作しています。これは本来は自分の競馬予想の参考書として、また、虎の巻として作ったものです。どうして公開したかと言えば小遣い銭に成ればと思ったからです。最近は、このソフトのよさを判ってくれる人が少し増えてくれれば嬉しいと思って公開しています。多くの人に利用されてはほしくないのです。爆発的に売れるのであれば売れて欲しいのですけどそんなことは無いと思うので、極、少数のマニアで良いんです。このソフトが平均回収率110%以上なら大ヒットするでしょうけれど、そんなことは有りません。そんなことは存在できません。そうなった場合は皆がそのソフトを使用しオッズが低下するのでこのソフトでは儲けることが出来なくなります。もし、そういうソフトが出現した時点でそのソフトは回収率の低いソフトの烙印を押されます。現在、BGDソフトの平均馬連、単勝回収率は85%以上になると思っています。回収率はこの位が丁度良いと思います。Fhwarsフォーラムをたまには覗いて下さい。ソフトの回収率、その他の集計をしてくれています。他の作者との競走になるので張り合いが出てきます。フォーラムSYSOPの方々には感謝しております。

 またまた、話を最初の『小生がまだ競馬をやめられない』理由に戻しますが、皆さんにはこんなことはどうでもいいと言う方は読み飛ばして下さい。
 その第二の理由は時たま馬券が当たるからなのかも知れません。いつも負け続ける人は普通なら競馬は当たらないものと足を洗うのが当たり前です。小生の場合はパソコン予想を基本にして、自分のパターンを持っているため大くずれなく適度に当たっているので続いていると思います。パソコンがなかったら、BGDがなかったらとっくに止めています。

 第三の理由はBGDを利用していつか、絶対儲けて見せるという信念とそれを実現する可能性とを持っているからです。BGDは勝てるパターンが存在します。そのパターンは公表はしません。何故かと言うとそのパターンでの購入が増えるとオッズが下がるからです。でもこのコラムを続けていればいつかそのパターンが出てきてみなさんも察しがつくことでしょう。そのパターン馬券だけを購入していれば競馬はトータルプラスできると確信していますが、そのパターンレースというのは1,2週間に1回くらいしか現れません。もし、そのときの勝負で負けたとしても次の同パターンでは回収できます。出来なければ次のとき、というようにしても期待値は十分に高いもので4回以内には絶対に近いくらい回収できると思っていますが、実戦したことは有りません。何故かと言うと、小生のようなギャンブルずきの人間には2週間に1度の勝負なんて我慢が出来無いのです。もっと、もっと短い周期で競馬に参加していたいのです。少なくとも1日1、2レースはやらないと禁断症状が出てしまいます。現在は1日、15レース以上はやっています。もう、競馬中毒になっています。

 第四の理由は小生が典型的な凝り性人間になっているからかもしれません。低レベルな単純作業なら、小生はすぐ飽きてしまいますが、競馬は東大でのエリートだろうが、超能力者だろうと馬券によって競馬成金にはなれません。いくら研究しても絶対というパターンは存在しないからです。臨機応変に馬券を買わなければ成りません。いまだ過って、馬券で蔵を建てたという人には有ったことも見たことも有りません。それほど競馬は奥が深く、禁断の領域なのかもしれません。

 第五の理由はこれが本当の理由かもしれませんが、競馬が大好きだからです。競馬は現世に存在する奥の深い最高の楽しいゲームと思っているからです。

 作者の自己紹介みたいになりました。今日はこの辺でおわります。次回、競馬の正体御期待ください。

競馬の正体

競馬のパターン



競馬には、投資を しようとした場合に色々なパターンが存在します。
1頭が抜けている場合。
2頭の一騎打ちの場合
3頭の争いの場合
4頭の争いの場合
どれが来てもおかしくない接戦のレース。
レベルの高い一流馬のレース。
気まぐれな馬たちのレース。
信用できる馬たちのレース。
逃げ馬のいないスローペースのレース。
どれもが先に行きたいハイペースなレース。
ハイペースでも先行馬で決着するレース。
ハイペースのため追い込み馬が有利に成るレース。
有力馬が駆け引きをしている間に漁夫の利を得るレース。
レースキャリアが条件の異なる馬たちが集まって比較が難しいレース。
未知の不確定要素が沢山ある馬たちが集まったレース。
休み明けの馬が多く状態把握が難しいレース。
若馬の成長過程で、急成長の穴馬が多数存在するレース。
クラス編成変えで上級馬が有利になるレース。
実力以上に過剰人気になって、負けるレース。
騎手の腕が左右するレース。
過剰ハンデで勝てないレース。
騎手がその馬の実力を理解していないために変なレースをして負けるレース。

その他、無限のパターンが有ることでしょう。
ここでパターン論を展開しても論議を尽くせるとは思いませんので、次の一つのパターンについて簡単に書きます。。

 小生が書きたいことは、ちょっと、泥臭いことです。
例えば、1頭がぬけて強いと思われるレースで次の2番手に十分実力が有り取りこぼすことが考えにくい馬がいたとします。この馬は何とか頑張れば1着に来れる実力があるとします。ここで、小生を含めファンはその勝利の可能性に賭けて投票します。このメンバーでは間違っても2,3着には来るだろうというような馬です。ところがどうでしょういざスタートした瞬間に出遅れ、または逃げ、先行脚質の馬が最後方からの競馬。この瞬間にもう、このレースは終わっています。
 この場合、きゅう舎側はどのように考えたかと推測すれば、「今回のレースには1頭強いのがいて、頑張っても、勝つのは難しいな、今回は無理するな」ということになるでしょう。きゅう舎サイドにしても、相手方の単勝を購入していれは確実に儲かるわけです。ここできゅう舎サイドと書いているのはそこに含まれる馬主の方々を肇とする馬券を購入可能な人々のことです。どのような買い方をしているかは判りません。しかし、ファンとしては負けるにしてもベストを尽くして貰いたいのです。ファンはデータ的に見ても血統的に見ても、十分、勝負になると期待して買っている訳です。その馬のベストの競馬をして負けたのならやっぱり力不足だったかと諦めが着きます。命の次に大事なお金と言われるくらい大事なものを投資しているのです。レースもしないで終わりとは本当に腹が立ちます。こんな経験は皆さんもざらに有ると思います。

 競馬全盛期以前は、人気馬のスタート落馬が頻繁に有りました。それも、ケッコウ上手な騎手が落ちています。新人騎手やへたくそな騎手ならしょうがないかと思われますが落ちるのは中堅騎手です。また、そのレース解説者は「プレッシャーのため緊張して落ちたんでしょう」とかで慰められて済まされています。しかし、最近を見てください。スタート落馬なんてめったに有りません。中央競馬のほとんどのレースで、各騎手は真面目に、一生懸命騎乗しているのが判ります。ゴール前、騎手の叩き合いでしのぎを削っています。落馬が以前と比べて歴然と減っているのです。新人騎手だってめったに落ちません。最近の落馬事故は障害レースは例外として、もし、落馬したら騎手の方々は大けがをしていることが多いのです。それほどギリギリの戦いをしているということです。落馬は命にかかわったり、何ヶ月の入院生活になっています。にも拘らず、以前は怪我の無い落馬の多かったことか。

 この落馬に代わるのが現在の出遅れ、後方待機策です。肇からその馬が追い込み、差し馬なら後方待機で問題ありません、逃げ馬や先行馬なら大打撃になります。また逆に、いつも、追い込んで届かず2着、3着が多い追込み馬の場合、浅はかな騎手は今度は先行、または逃げて見るかと脚質転換を試みたりします。そんなに急に馬の性質、特質を変えられるものでは有りません。4コーナーを回った途端に他馬に並びかけられて競り負けてしまいます。まあ、この場合、先行するという積極策をとっているので、馬券を購入しているファンにとっては残念ですが、しかたないかと納得できます。ここまで前置きして、書いておかなければならないことが有ります。つまり、どんな騎手がそういう理不尽なことを受け入れるのかということです。岡部、武豊、松永騎手はそんな理不尽なことは絶対に受けないと思います。一流騎手にはそんなことをきゅう舎サイドでは言えないは当たり前です。まして、きゅう舎世界の違う外人騎手にはありえません。ですから、外人騎手の勝負馬が有ったとしたらそれは躊躇無く買いです。外人騎手は腕前と、馬の実力通りに買って間違いの無い騎手です。余計な心配は要らないのです。その他、小生が真面目な一流ジョッキーと思えるのはルメール、福永、武豊、戸崎、川田、北村、松山、田名辺、和田、デムーロ、藤岡騎手らです。そして、新人ジョッキーの中にもベテランに負けないくらいの乗れる騎手が多数います。汚れた手に染まらないように真面目にジョッキー生活を努めて欲しいと願っています。危ないといえるのは優柔不断なスキのある騎手の場合でしょう。そういう騎手を小生はバカ騎手と呼びます。そういう騎手は関東のベスト10に入る騎手の中にも居ります。その騎手は思い切り良く、気まぐれなやつと思われているかもしれません。しかし、ケッコウ負わせたらうまいし、逃げらせてもうまいです。小生は彼の函館競馬でケッコウ痛い目に有っています。函館で人気馬に乗ったときは気を付けた方が良いです。騎手の腕前が良くても、人間的に出来ていなければ一流ジョッキーにはなれないでしょう。
 このように不信に思われたレースの騎手ときゅう舎を記録し、統計を採ると良いかもしれません。いざ、勝負馬というときにその不信騎手だった場合、一考する必要が有ります。たかが1レース位と言うかも知れませんが、ファンにとって、この1レースが今日の勝負レースだったりする事が多く、この負けが大きく響くのです。「この騎手は誰か?」という皆さんは察しがついているかもしれませんが、Yのイニシャルの人です。しかし、小生はこの騎手のおかげでケッコウ良い馬券を取らせてもらっています。言えることは勝負するときは人格の立派な騎手の馬で勝負すれば、余計な心配をしないで買えると言うことです。例えば、岡部、武豊、松永、ペリエの乗り馬の単勝勝負をしたとき、負けたら、やっぱり馬の実力が足りなかったな、展開が悪かったな、仕方ないなと納得します。「あいつ、また、やっちゃったよ」なんて腹を立て、後悔しないで済むのです。

 また、上記のような一流騎手で無い場合、未勝利戦で単勝が1.2倍のように、きゅう舎側では勝っても意味が無い場合は一考する余地が有ります。素質馬でその馬がオープンでもいけそうな馬は別です。
 理不尽なレースは予測できません。ファンは難しいレースでやられ、堅いレースでやられでは堪りません。競馬人口がドンドン減っていきますよ。中央競馬界殿にももう少し威厳を持って、公正競馬をするように、指導して貰いたいと思います。例えば1番人気の時に、先行、逃げ馬が出遅れたとき、いつも逃げ、先行している馬が極端に抑えたり、馬群の中に埋もらせていたり、ゴール前叩けば2着に成れるのに手綱を引っ張ったり、追うのを止めたりと言うような行為が見えた場合は、後日、その騎手を招いて事情聴取会を開くべきだと思います。せめて、1番人気の馬についてはそれ位してもいいと思います。そんな不正はめったに無いことだと思いますが・・・・・??。

 さて、過去はどんな競馬だったか、よりも、現在の競馬が大事です。現在は、登録馬が多く、出走に漕ぎ着けるのも競争です。競馬社会と交流の無い小生でも、レースを見ていると、騎手の皆さんも、何とか勝とうと真面目に日常研究努力しているのが判ります。ファンも一生懸命コンピュータを駆使し、研究してギャンブラー同士の競走をしています。小生も負けられません。何とか蔵の一つも建てたいと、また、今までのJRA貯金を下ろしたいと思っています。BGDの気運が盛り上がった今年は、チャンスのときだと思っています。最近の競馬は実力通り決まることが多いのです。皆さんは万馬券が頻繁に出でて荒れていると言うでしょうけど、それは肇から勝馬を予想し切れていないからです。現実に1着に成っている馬は強い馬です。その馬に勝つ能力が有ったのです。その能力を予想しきれない場合、また、人気馬に死角が有り、死角を予想しきっていない場合、適正な条件におけるランキングが出来ていない場合、また、不確定要素が多くて予想しきれない場合、そして、肇から接戦でどれが勝ってもおかしくない場合などがあり、高配当が出現しているわけです。そのとき勝利している馬は実力で勝っているのです。要するに、理不尽なレースは、減っているので最近は勝負できますよと言うことです。しかし、馬券大勝負の時は前記の理不尽レースも頭において予想することも必要と思います。

 次回、ギャンブラーの心構えに触れて行きたいと思います。お楽しみに。


ギャンブラー's心構え

 

 競馬ギャンブルをする上での心構えを考えて見ましょう。
このことを考える場合に、どこから始めれば良いのかと言えば、糸口は今までの反省から生まれてきます。反省をし、同じ過ちを繰り返さなければ立派に理想のギャンブラーに成れます。小生も同じ過ちを繰り返していなければ、もうすでに大金持ちになっていたことでしょう。ギャンブルとは同じ過ちを犯し易いゲームなのです。
すみません。突然、きょうは用事が出来ましたので、明日に続く・・・・。

 H14.3.1
昨日の続きです。ギャンブラーの精神状態について、考えて見ると・・・・。
 小生も同じ過ちを繰り返していなければ、もうすでに大金持ちになっていたことでしょう。ギャンブルとは同じ過ちを犯し易いゲームなのです。ゲーム中は普通の精神状態とは異なります。常にハラハラ、ドキドキしています。前レースの興奮のなごりの中で、パドック、オッズ、データを情報として頭の中に叩き込み、分析し、計算し、時間と戦い、直感を生かし、結論を出します。脳みそは活発に働き続け、時には、頭痛になったりもします。大部分の人が、ギャンブル中は血圧は上がり、興奮した状態で参戦しています。常にそんな状態では良い判断が出来るわけは有りません。
 冷静さは絶対条件です。1日のうちで、たまには2,3レース休んで、頭を冷やすことも必要です。そのレースをしなかったことがケッコウ好結果をもたらします。片っぱしから、次のレース、次のレースと消化していくと、最後には何も残らなくなります。冷静な資金計算が出来ないのです。
 例えば、ここで勝負レースが済んでかなり儲かったとします。この先、自信のあるレースは無いにも拘らずドンドン投資していくと、資金がマイナスになり、何のための勝負レースだったか判らなくなります。まず、当たったら一休み、位の余裕が欲しいものです。いかにも、小生はこれを忠実に実行しているような書き方ですが、すぐ熱くなる負けず嫌いの気性の様で次から次に手を出しています。ですから、これは自分に対する戒めのつもりで書いているようなものですが、皆さんにも何か得るものが有れば取り入れてください。
 つまり、競馬中に冷静な状態を保つこと、当たった次は、控えめにと言うことです。
つづく。・・・・・・

 いま、時間的な余裕が無いため、この続きがなかなか書けませんがもうしばらく、お待ち値下さい。


ギャンブラー's意識


むりやり、競馬ギャンブルへの取り組み方の結論を考えると、
趣味としての競馬に落ち込んで、スポーツ新聞、テレビの競馬番組などをみて、周りの競馬ファンと共にディープインパクトが勝った、ゴールドシップが勝ったと、一喜一憂し、酒の肴に話したり、競馬社会のセレモニーを楽しんでいる人は、それはそれで娯楽の一つとして良いと思います。が・・・しかし、このコーナーの趣旨はギャンブラーとして勝つことなんです。
そのことを再確認して、競馬ギャンブルへギャンブラーとしての取り組み方を結論付けたいと思います。
 前章には、「競馬ギャンブルは悪です」と述べていますが、小生の本心はそうとは思っていません。それは一種の社交辞令として受け止めて下さい。一般にギャンブルは負けた結果が悲惨なことになることから、悪となると考えられます。しかし、結果が勝利に終わり、そのお金を家族のために使い、周りの人を裕福な状態にしたら、ギャンブルを悪と言う人は少なくなります。ギャンブルとはお金を賭けたゲームです。そのゲームを好きな人が公平なルールの元にお金を出し合って集まり、勝利者となることを競うゲームです。そこには政治のように、一部の企業家を優遇したりするような不公平な政策は有りません。貧乏な人も大金持ちもみんな平等に情報を収集し知識を駆使し、推理し、自分の好きな馬券を購入出来るのです。投資する金額も人それぞれ自由です。公平なルールの基で参加したいものだけが参加する自由選択の夢を追求する浅はかな人間たちの楽しいゲームなのです。つまり言いたいことは、人のために尽くさなければならない天職の立場にいる政治家が自己の利益のために、特権階級の利益となる政策を実施し、自らの収入を得る不公平政策よりは比較にならないほど、競馬はきれいな公平なゲームなのです。どうも例えが競馬と関係ない不公平政治の方に行ってしまいますが、適当に流して下さい。
とにかく、小生はこのきれいな公平なゲームの中で勝利者になりたいと思います。



ギャンブラー's結論


ここでなんとか纏めたいと思います。
競馬はちょこまかと細かく馬券を買っているようではいつまでも今の状態から抜け切れない。
「やるときは現状の収支状態にかかわらずやるよ」、「やらないときはやらないよ」とレースの選択にメリハリをつける。このことが大事だと思います。今、10000円マイナスだから後いくら勝てば元を取り戻せるとか、今、10000円儲かっているから、10000円まで使って大丈夫などと馬券を買っていてはいつまでも競馬ギャンブルに勝てません。

まず、自分で当日の全レースを検討し、狙えるレースを絞ることが必要です。
自分で各馬データを分析、比較、検討し、このレースの客観情勢(レースパターン)を認識した上で、レース当日の狙い馬の中間オッズからどうしてこのオッズ状態になっているのか慎重に推測し、直前オッズでその推測の是非を判断して勝負に出ることが大事です。
 このレースにおいて、データから客観情勢を把握できなければ勝負するなど論外です。つまり、それを検討する資料が無ければムリな話です。競馬新聞で十分だと考える人もいますでしょうが、競馬新聞では予想家の主観が必ず入っています。どの予想が実力どおりの予想か区別がつきません。BGD予想を利用する限り、競馬新聞なんて無用です。余計なマスコミの情報など無い方がデータに忠実に予想が出来ます。今はPC時代であり、ソフトを利用した方が手っ取り早いででしょう。適切なデータを表示してくれるソフトなら何でいいと思います。その一つにBGDも加われると思います。特に折れ線グラフは各馬の好不調の見分け、他馬との実力比較が出来ます。手前味噌でした。
 それはさておき、最終的にはその各馬との比較を踏まえた上で、オッズ確認によって勝負するかしないかの判断だと思います。ここで思わぬ穴馬が出現するかも知れません。または、狙い馬が表示オッズに対して十分実力が有り投資する価値のある期待値の高い馬になるかも知れません。出来ればグリーンチャンネルとかでパドックでの狙い馬の状態を確認できればベストです。小生は実力馬の休明け馬などはオッズが20倍以上ついていようが、パドックで馬体重の割に太からず落ち着いて悠然と歩いている場合は迷わずGOサインを出します。自分の目で馬を見て買えるグリーンチャンネルやレーシングビュアーは、ギャンブラーとして勝ちきるためには必要な設備です。
 つまり、競馬検討は1にデータ、2にオッズ、最後は自分の目です。

 ここまでは普通のギャンブラーでもすることです。
そうして判断した結果勝負に出るとした場合、いつもと違うギャンブラーとしてどういう態度で望むかが大事です。
資金配分で1日の資金を、各レース均等に配分していたのでは駄目です。全然自分の心情が繁栄されていません。せっかく思いつめて煮詰めた結論です。負けたら今日は終わり、またはあと1レースくらいの思いで、またはこのレースで勝ち抜くぞとか、その思い込みに匹敵する資金をつぎ込むことが必要です。外れたら潔く諦めます。その資金程度は各人の財布の中身によって違うでしょう。しかし、競馬をしている以上、PAT競馬貯金口座には十分余裕のある資金を入れておく必要が有るでしょう。要はちょこまかと細かく儲からない買い方をするか、自分の心情とする馬券に全力を尽くすかです。この場合1点買いとは限りません。絞りきれる3頭のボックス馬券でもいいと思います。出来れば、単勝買いがベストです。単勝を狙い、次にその馬を負かす可能性のある馬との馬連を押さえる。まだ気になる穴馬がいたとしたら、当たって元取りの程度の資金配分で押さえる。この注意深さも多少は必要だと思います。その押さえ馬券が勝負馬券の1/10以上になっていたら、そのレースは絞りきれていないということでしょう。もう一つ悪い例として数点買いの勝負でオッズを見てこれがきた場合儲からないので掛け金を増やして置こうと思ったりしないことです。高配当の穴でも自分の心情を注いだ馬券に重きをおいて投資するのです。万馬券だから少ない資金投資をするというのでは普通のギャンブラーのすることです。勝ち残るギャンブラーになるためには競馬に対してこのような取り組み方が必要と感じています。
 
 例えば、どんなレースが勝負レースとして選べるかをあげると、自分で1頭これは絶対狙えるという馬が出走していたとします。単勝で買えるくらいの判断材料が必要です。残りは相手です。これは簡単なときもあります。ダントツの1番人気を選べば良いのです。この相手の騎手がペリエ、デムーロ、デザーモ、デットーリ、武、福永、川田なら文句は有りません。しかし、これらの騎手が実力が接近した他馬に乗っていた場合は勝負は出来ません。

 狙うべき馬の騎乗騎手は勝負の判断材料に非常に大きなウエイトを占めます。命の次に大事なお金です。へたな兄ちゃんの浅はかな騎乗に大金をつぎ込むわけにはいきません。騎手も冷静な判断力を持っち、思い切った騎乗の出来る、馬を十分追える技術のある騎手でなければなりません。

 距離と展開も重要です。
狙い馬が1200M戦に追込み、または後方差し馬なら見送りです。

 休み明け馬の場合
追い込み馬なら止めた方が良いです。

 馬場コンディションは当然、大要因になります。
良馬場で強い馬が重馬場で強いとは限りません。
逆に前回、前々回と重馬場で好走した馬が良馬場で強いとは限りません。

 このように狙い馬を絞る場合、いろんな角度から検討する必要が有ります。このようなファクター検討は競馬ファンなら当然するべきことす。

 小生が描いた理想のギャンブラーは、全資金の範囲で、データ分析の結果によって、勝負レースを厳選し、どれが勝ってもおかしくないようなドングリの背比べ的レースは一切手をつけず、勝負レースでは自分の心情、つまり自己の思い入れに十分な投資をし、それで負けたときは潔く諦める。勝っているときはしっかりと止め時を見極める。

というギャンブラー像が結論になります。しかし、勝ちきらなければ理想のギャンブラーに成ったとはいえません。
このような体勢で競馬に臨み、勝利者になることです。

 なんか、まとまらない結論に成りましたが、馬券検討の参考になれば幸いと思っています。


追伸



この記事はかなり前に書いたものです。
今、読み返してみて馬鹿なことを書いていたなぁと思います。(*^-^*)
結局、色々考えて勝負、引き、勝負、引きのようなギャンブラーをしていたら勝てないのは確かでしょう。
そこには必ず自分の主観と感情が入ります。
現代競馬の中では競馬利益の税金を払っている方がかなり多数いらっしゃいます。
その人たちの買い方は殆ど統計に元付いた予想をしてプログラミングされた自動投票です。
または一定の予想方法で規則正しく購入するやり方です。
昔から、ギャンブラーは勝てないことが明らかな常識です。
東大を出ても勝てないのが実情です。
現代はデータとデータの戦いです。
今まであるデータで勝っていた投資家がそのデーでは翌年は勝てなくなります。
皆がそのデータに集まってくるからです。つまり現代競馬では現在の傾向データを追い続けることが必要です。儲からなくなった傾向データは捨てて次の傾向をつかみに行かなければなりません。
具体的には殆どの人が前年のデータを参考にします。そのため翌年にはそのデータは儲からなく成ります。
儲けるためには様々なデータ採取を継続的に追い続けることが必要です。
 年間トータルプラスを目指してあくなき挑戦をしましょう。
自動投票で自分の感情に左右されることなく、活かせる資金の範囲内で投資的に取り組みましょう。

Home Top